関喜史氏が経営アドバイザーとして参画

弊社(以下、RICOS )は 2021 年 11 月、株式会社 Gunosy 共同創業者の関喜史氏を引受先とする第三者割当増資を実施しました。
RICOS は、機械学習の事業応用や研究開発を行う組織作りに関する知見を持つ関喜史氏を経営アドバイザーに加え、機械学習等の研究の推進と「RICOS Production Suite」をはじめとするサービス展開の加速を図ります。

 

■関 喜史(せき よしふみ)氏プロフィール
株式会社 Gunosy の共同創業者。博士(工学)。東京大学で博士号を取得した後に同社で研究開発チームを立ち上げ、2021 年 8 月まで上席研究員を務めた。専門領域はユーザ行動分析、推薦システムを中心とした機械学習・データマイニング応用。組成した研究開発チームは継続的に査読付き国際学会で論文が採択され、同社のブランディングやサービス内容の向上に貢献した。

 

■関 喜史氏 コメント
RICOS のメンバーと話して、課題解決力の高い製品コンセプトと非常に高い技術力を併せ持つ稀有なチームだと感じ、ぜひ関わらせてほしいと今回出資させていただくことになりました。 RICOS の成長に微力ながら力添えすることができるように取り組んでいきます。 CAE に対する機械学習の活用は、すでに CAE を活用している産業に対してはもちろん、より広範囲なモノづくり産業にインパクトを与えると確信しています。 技術力が製品力に直結するようなプロダクトはまだ世の中に多くはありません。 活躍の場を求める機械学習エンジニアの方は是非とも一度 RICOS の話を聞きに来てください。

 

■関 喜史氏の参画に至るまでの経緯
RICOS は 2021 年 10 月にシリーズ A ラウンドで約 3 億円の資金調達を実施し、現在さらなる研究開発、ビジネスの拡大が求められています。その中で、関氏が執筆した退職エントリ「創業したGunosyを退職したので職を探しています」を読んだ RICOS 経営陣が関氏に直接コンタクトを取り、交渉を重ねて参画に至りました。
引き続き RICOS はチーム強化のために採用活動を積極的に進めます。
採用情報